移植を受けるお友達の応援に。

  • 2018.08.25 Saturday
  • 21:29

0825.jpg今日は透析日。
一応?!問題なく5時間透析を終了し、
一旦帰宅して、荷物をおいて、お友達のお見舞いへ。
 
つい先日もまーくんと行った、八王子医療センターで、
移植を受けるお友達の応援に、伺って来ました。
 
透析が終わった直後でも、こうして動けることに感謝だねぇー☆と思いつつ、高速かっ飛ばして高尾まで。
 
久しぶりに訪れた、B3東病棟は、以前と全くかわらない様子でした。
26年前に移植を受けた時から、なんだかんだとず〜っとお世話になっているセンターですが、
B3東病棟には、何度入ったかなぁー(((^^;
多分個室も大部屋も全部、くまなく入院したことがあったように思います。
小崎正巳先生(センター長、当時)の、足音がとても印象的で、先生が来たらベッドにいないと!!と慌てて戻ったりしたなぁ(遠い目)。
それにしても、センター長だった当時もそうだったけど、私の直接の主治医だった小崎浩一先生も、本当に患者ファーストで、土日祝日でさえ、ちょいちょい見に来てくださったりしていたなぁ。
土日は病院も比較的閑散としていて、ゆったりと時間が流れる感じだったけれど、小崎先生が来てくださると、安心したんだよなぁ。
 
それがもう、26年も前の話になるんだなぁー。
 
今も八王子医療センターには、乳腺科や腎臓内科にちょいちょい顔を出しているけど、移植者として過ごしたあの時が、やっぱり一番印象的だったなぁー。
 
夜な夜な食堂に移植者の皆さんで集まって、「闇のジャックの会」とかいいながら、よもやま話をしたっけ。
ナースちゃんたちも、22時くらいまでは、目をつぶってくれていたり。懐かしいなぁー。
でも、残念なことに、あの時一緒にいた皆さんは、今どこでどうしているのかわからないし、何人も亡くなられている。
移植をしていようと、透析で生きていようと、
結構な勢いで、お仲間を亡くしているなあ。
みんなの分まで元気でいなくちゃ!とまでは思わないけど、
みんなが生きたかった今を生きている私(たち)は、やっぱり日々を大事に丁寧に生きていきたいなって思う。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

minneで販売中☆オリジナル車椅子マグネットステッカー

minneでオリジナル車椅子マグネットステッカーを販売中です。 詳細はこちらをご覧下さい。

https://minne.com/@kamap-1213

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

「乳がん」かも、といわれたら−乳がんの最適治療2011〜2012 (日経BPムック)
「乳がん」かも、といわれたら−乳がんの最適治療2011〜2012 (日経BPムック) (JUGEMレビュー »)
日経ヘルスプルミエ編集部
これは40代以上の女性は、全員読むべきだと思う本(ムック)です。乳がんの可能性は誰にでもあり、知識は全くないのが現状でしょう。私もそうでしたが、これ読んで勉強しなくちゃな。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM