「悲しくてやりきれない」

  • 2018.08.21 Tuesday
  • 13:53

0821.jpgっていう歌詞?歌?があったよね。

また一人、盟友というか、移植の、透析のお友達が他界しました。

 

お友達とはいっても、実際はネット上でのお付き合いで、結局お会いすることはなかったな。

 

私が、「うちと同じように、お子さんが脳性麻痺で、親御さんが移植をしている人は、日本にいないものか?」と探したのがきっかけだったような。

それか、偶然PVL*cafeで出会えたんだっけかな?

 

もうお一方、北海道におられるお友達には、ご縁があって、会いに行けたんだけど、

彼女のところへは、お隣の県だったのにもかかわらず、会いに行くことは出来なかったんだ。

 

3年前にご主人を難病で亡くし、彼女自身も透析に戻り、透析をしながらご主人様に寄り添っておられたけど、見送る形になり、ほどなくしてご自分も病が発覚して、闘病されておりました。

 

何度も会いに行こうと思った、けど、なんでだろうな?いつもだったら、どこへでも、会いに行っていたのに、なぜか行けなかった。

まーくんと同じ年のお嬢さんだったのもあって、お互いのブログで、お子さんの様子を知ったり、

行き来していたと記憶しています。

 

ご主人様が亡くなられてからは、闘病されている彼女をこっそり応援していたけど、

今年に入って、日々に忙殺されていて、見に行く余裕がなくなっていて、ついさっき、

彼女自身も、ご主人様のもとへと旅立たれたという、ブログの一文を見て、

(神様って本当にいるのかな)って思ったのでした(ToT)

 

おばあちゃまが、施設に入っている娘さんの面会に行かれているとは思うけど、

それだって、この先ずっと、元気でいられるわけがないだろう。

娘さんは、知的障害もあり、の肢体不自由で重度重複のお子さんなのですが、

ママ来ないなぁって、思っているのかなぁ(T^T)

それとも、毎日施設での生活が楽しく、過ごしておられるだろうか。

お父さんも、お母さんも、見守ってくれているけど、

やっぱりどれほどの思いを残し、他界されたのかと思うと、さすがの私も胸が詰まる思いである。

 

かろうじて年賀状のやりとりはさせていただいていたので、

お花を手向けていただこうと思う。

 

お二人とも、今世の使命を全うされて、あの世から見守ってくれているかな。

 

そう思うと、私が元気で普通に生活が出来ることが、奇跡であるなぁー!とつくづく思うのだ。

その奇跡がいつまで続くかなんて、誰にもわからないけれど、

ほんと、みんな今を大事に、今日を大事に生きようぜ!!って、ほんと思うわ〜〜。

私の周りのみんながみんな、健康で長生き出来ますように☆

思う存分生きて、使命を全うしてから、あちらにいけますように☆☆☆

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

minneで販売中☆オリジナル車椅子マグネットステッカー

minneでオリジナル車椅子マグネットステッカーを販売中です。 詳細はこちらをご覧下さい。

https://minne.com/@kamap-1213

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

「乳がん」かも、といわれたら−乳がんの最適治療2011〜2012 (日経BPムック)
「乳がん」かも、といわれたら−乳がんの最適治療2011〜2012 (日経BPムック) (JUGEMレビュー »)
日経ヘルスプルミエ編集部
これは40代以上の女性は、全員読むべきだと思う本(ムック)です。乳がんの可能性は誰にでもあり、知識は全くないのが現状でしょう。私もそうでしたが、これ読んで勉強しなくちゃな。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM