0924.jpg

今晩はカレードリア(昨晩のカレーの残り)と、病院のコンビニで買ったサラダ。
超!手抜き(。-_-。)

それにしても相変わらずサラダの盛り付けが下手すぎる(。-_-。)


- - -
今日は八王子医療センターに行って、頸部のエコーを受けてきました。
その前に腎臓内科の主治医にお伺いを立てようとしたが、会議で留守。
検査終わってから再度伺うと、主治医が待っていてくれました。
「術後2週間はPDおやすみしてHDにして、10月26日の外来で判断しましょうか」といわれました。
ってことで、結局当初の予定通り、術後2週間はHDを週3で回すことに。
7年ぶりかなぁー週3でHDやるの。
なんだか手術よりドキドキするなぁー!

週3の透析がイヤで、CAPDに切り替えた私ですが、お腹の手術のために、再び行うのだ。
CAPD開始したのが7年前。あ、もうすぐ8年になっちゃうなぁー。

7年も経つと、透析の機械とか、ダイアライザーとか、また!進化しているかもしれない!!
ってことで、しばらく週3にするので、10月の予定はばっさりカット。
まーくんが学校へ行っている時だったら、透析入れても時間的に大丈夫なんだけど、
ちょっとでも具合悪くて遅くなると・・・途端にピンチ☆
本当は移動支援、しばらく頼みたかったけどなぁ。兄さんつかまらないから、無理だったー。
入れられるところだけ、入れさせてもらいました。

あ、入院するから来月移動支援の時間多いって、市役所に伝えておくべきかな? 
あと生協にも連絡して、書類送ってもらわないとなぁー。
あと2週間。
やるべきことがてんこ盛りな気がするのは気のせいだろうか(汗)
けど、とりあえずネイルは落としたし、まつエクは綺麗になくなってきたし、
あとは入院グッズの準備をせねば。

母の外来に付き添ってくれたまーくんのご褒美は、伊勢丹でランチ。

てりやきハンバーグ完食。

おかさんはおろし蕎麦。半分食べられた(;^_^A 

- - -
小崎先生の外来では、まずカテーテルを入れた病院(医療センター)腎臓内科で確認して、
さらに乳腺科で確認して、それからだよ。といわれました。

まぁ確かにそうだなぁ。
でもカテーテルを入れたのは腎臓内科ではなく移植外科のアクセス外来で、中村先生なんだよなぁ。
本当は八王子医療センターでやるのがどこの科とも連携できて良いのだろうけど、
今回は稲城だからなぁ。ウチから5分だからすごい助かるんだけど。

まーくんはおかさん入院のため、ショートステイに行っていただこうと思っています☆
初めてのショートは、こんなにも突然に?!やってくるもんなんだなぁー☆

まぁとりあえずまずは8月後半の乳腺科を受診して、翌週のCAPD外来を受診して、
必要があれば移植外科の方も顔出して、最終的に稲城の産婦人科の腹腔鏡のプロ!と呼ばれる先生の外来を受診するのだ☆

再建は・・・まぁとりあえず棚上げだなぁー(^^;;
やんなくても問題ないしwww
卵巣切除は、乳がん再発の予防でもあるし、どっちにしてもとらないといけないなら、覚悟を決めるまでだ。
それによってCAPDしゅーりょー!!ってなったとしても、私の進む道に間違いはない、と信じて進むのみ。

今日は術前の最後の外来でした。

次は入院だよ〜〜。
手術だよ〜〜。

なっかなか呼ばれなくてさ、気がついたら最後でした・・・。

- - -
で、ムンテラですが、
「右乳がんですね」ってところから始まって、
【現在の病状及び手術の必要性と今後の見込み】
画像上13ミリ、リンパ節転移は(マイナス)。

【手術の名称と方法】
1)乳房の手術→温存手術(乳頭合併切除、必要があれば行う)
2)リンパ節の手術→センチネルリンパ生検→センチネルリンパ転移(マイナス)→終了。
  リンパ節の手術→センチネルリンパ生検→センチネルリンパ転移(プラス)→廓清術。

【上記に伴う合併症の可能性と危険性】
・術中、術後出血→再手術になることがあります。
・感染、皮○壊死、乳頭壊死

【説明の方法】
口頭、診療録、レントゲンフィルム、図示
最終病理結果で、今後の治療方針を決定します。
・温存は放射線治療が必要になります。
・追加切除の可能性について

- - -
最終的なカンファレンスの結果は、
私になにも問題がない場合は、温存をお勧めするが、(もちろん温存でOK)
一部の切除でも、問題ないと思うとのこと。

リンパ節の方に転移していると、また別に考えなくちゃいけいのだそうで。

いろいろ考えているけど、小崎先生が「放射線やった方がいい」といわれたので、
私もそうなんじゃないか、って思うようになって来た。

先生に聞いたら、予約を取って、毎日10分のために通うのだそうです。
照射時間はものの1分。着替えやらなにやらで10分、なのだそうで。
具合悪くなったりしなければもちろん、今までのように車でぴゅーっといって、
一人でぴゅーっと帰ってくるんだけどな。

先生には、まーくん(CP)のことや、透析の事も話をしてあるのですが、
環境が許さない等の理由があって、全摘して何度も手術にならないようにとしてしまう人もいるそうです。

それは本当に、千差万別で、各自の都合で決める事で、
今日もいわれたけど、手術のギリギリまで悩んで決めてくださって良いです!と。

えーーーーー。
相変わらず揺れてしまうがな〜。


- - -
そういえばじーちゃんから電話があって、
誕生日に送ったお花が届いたとのこと!気に入ってくれたようで、よかった!

まーくんはお風呂だったので、電話はかわれなかったけど、
喜んでくださいました。

その後おばあちゃんにかわって、今日の結果はどうだったのかと心配してくださり
実母はすでに他界しているけど、こうして心配してくれるお母さんがいて、
私は幸せだなぁと思ったのでした。

やっぱり全摘は難色を示し、早く退院が出来るようにと思っているとのこと。
そりゃーそうだよね。まーくんやパパさんに迷惑がかかるもんね。
けど、なんとかしてみんなで乗り越えていかないといけないんだよなぁ〜。

まぁ、あけてみて、ブブー!って感じだったらリンパ節とってもらうとか、
全摘だな(^^;;


そんなこんなで行って来たのですが、
病状説明に使った放射線科検査説明書に、がんの場所がかかれているんだけど、
左にも7ミリとかあるんですけど(^^;;(やっぱり)
あと、右の脇の下に4ミリが2つ、あるのが気になる・・・。
リンパ節に転移はないといっていた先生が、こんなの見逃す訳がないので、
あっても問題ないか、手術でついでに取っちゃうのか、
どっちかなんだろうな。


今週は、月曜日と木曜日が東京医大デー。

検査てんこもりでした!!


今日は一人で運転して行く。
大雨で行きは高速道路が混んでいた・・・orz
けど、なんとか時間前に到着!と思ったら、やっぱり駐車場に停まれず。
勢いで隣のアイランドタワーの地下に停めてきました。


一時間500円・・・新宿価格ですなぁ!

今日の検査は、レントゲン、心電図、
肺気量分画、フローボリュームカーブ、
乳腺のエコー、と、採血、でした。

本当は検尿もあったけど「出ません」というと、
「では8日の外来までに出してください」というではないか!

「透析やってて無尿なので出せません」っていったら、
「先生に確認してくるので、お待ち下さい」だって。

無理矢理出せっていわれても・・・出せるもんなら出しとるわい☆

ってことで、無事先生と連絡が取れて、尿検査キャンセルとなりました。


一通り終わって、隣の五右衛門でパスタを頂き、本屋をのぞいて帰宅。
帰り道も高速に乗ってから、20分弱でかえってこられました!
早い!!


でもねー、一つ気になる事が。
乳がんがあるのは右なんで、念入りに検査してもらったんだけど
左もなんらかの影のサイズを計ってる(ToT)
サイズ計るってことは、なんかあるの??
って、技師のオネーサンに聞こうと思ったけど・・・具体的には教えてもらえないだろうと思って、やめておいた。

旦那さんにメールすると「いや、そうとは限らないんじゃない?検査はひととおりしないと」とレスが。
まぁ、そうだよね。そうでしょう、そう思うことにする。


- - -
今日の検査はおしまい!

次は8日の病棟主治医になる先生の外来を受診し、
その際に透析はどうするのかとか、相談もしつつ、伺ってこようと思う。

健康な人と違うのは、透析をしているってことで、
術後すぐか、術前にHDをやっといた方がいいんじゃないかって
素人めには思う訳ですが、
CAPDの主治医がいうには、PDやってるから普段通りで良い、とのことでした。

念のため、東京医大の腎臓内科の先生宛にも、お手紙を書いて頂きました。
あとは入院するお部屋をどうするか・・・考えないとなぁ〜。

1週間くらいだったら、差額ベッド代を払って個室でもいいかもなぁ〜とか思ってみたり。
収入がない私には贅沢なのかなぁと思ってみたり。

0220_1.jpg最近では八王子医療センターで入院するか、
女子医大か、成育(まーくんだけど)だったので、東京医大は30年ぶりくらいでございます。

あ、いやそんなに経ってないか!?
16だか17で初めて入院したのが東京医大でした。
かれこれ26〜27年か。

昔入院した古い病棟はすでになく、
先日お伝えしたコルネットという喫茶店のみ残っていました。
あとは立て替えたビルのような白亜のそびえ立つ建物ですよ!!

新宿という土地柄、病棟の窓からの景色は多分、どこを見渡してもビルばっかりなんだろうな〜。
女子医大の時がそうでした。
遠くに六本木が見えたり、東京タワーも見えたなぁ・・・。


これ、入院案内なんだけども、
あと後ろの茶色い紙の書類入れは、入院する人だけにくれるのかな?
書類を挟んで持ち運べる感じ?
パパさんに見せたら「大学の入学案内みたいだね」といわれてしまった☆

まぁ・・・「大学」病院だけども(^^;;

八王子より近い!!
ビバ☆新宿!!
とかいいながら、高速に乗っていってきました東京医大。

平成4年に受診歴があって、当時の私は未婚だったので旧姓です。
すごいな!20年も前の受診歴が、データにあるなんて☆

しかも「カマノさ〜ん」とか、10年ぶりくらいだよ、旧姓で呼ばれるの。

最初にマンモグラフィーをやって、
噂には聞いていたが、挟まれるわひっぱられるわイテーわで、
忍耐の10秒でした・・・。
まぁ、10秒くらいだったから、いいよ。
痛いっていっても、針を刺す痛みとは違うし。

12時半ごろ、待ちくたびれたあたりで呼ばれる。
(ドキドキドキ)

先生と挨拶もそこそこに、早速診察!
まず分泌物(黒い血みたいなの)をプレパラートに取り、検査に出す。
その後エコー。
更に細胞診☆

この細胞診は、採血をされる感覚で、細胞を取るもので、
「ちくっとするけど、最初我慢してね」といわれながらもグサリ。
当然痛いは痛いのだが、思ったより痛くなかったというか。
それより終わったあとの出血が気になる。

モノは12ミリとエコーで計った数値が物語っていた。

主治医曰く「こんなものはなんも問題ない!がんだったとしてもごくごく軽い方で、
がんじゃない可能性もある。それより出血をしている所の通り道にがんがあった場合
取るのがやっかいな場合がある」といわれました。

結果は一週間後。
また来週!!

すんごい久しぶりに行った東京医大には、
コルネットという喫茶店が当時あったんだけど、
まだあった!!!(これ衝撃的)
パパさんが付き添ってくれていたので、仕事に行く前に軽く食事をする。
ボロい・・・。
こんなんだったっけ?(すでに記憶なし)


そして、雨の高速道をに乗って、ぴゅーっと帰宅しました☆


- - -
皆さんご心配おかけしてすみません(^^;;
結果は持ち越しですが、
どちらにしても、取るんだろうな、と思っていることにします。

まずは来週の結果を楽しみ??にしていようと思います。

あー疲れた!

- - -
今朝もまーくん、「がっこうおやすみ!いなぎびょういん!!」とわーわーやっていた。
「大丈夫だよ、今日東京医大いってくるから」といって送り出した。

月曜日はヘルパーさん送りでヘルパーさん迎えなので、助かるのだ。
そんな助かる曜日に受診、本当に恵まれているというか、
ラッキーというか。

学童から帰って来たまーくんには、
とりあえずたいした事はなさそうだと、伝えなくちゃね。
(まだがんかどうかもわからないけど(^^;)


- - -
そういえばインタクトPTHが高くて、
副甲状腺機能亢進症になったことがあり、手術をしています、といったら
「それはいつ?いくつあったの?シンチとかやった?」と立て続けに聞かれたんだけど、
2006年11月頃で、だいぶ前の話になるのだが、
もしかしたらこのシンチの画像に、がんが出来ていたら、映っていたのかも?という事なのかなと。

去年くらいの画像だったら、小さくても映っていたのかもね。

1

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Archive

Recommend

Recommend

「乳がん」かも、といわれたら−乳がんの最適治療2011〜2012 (日経BPムック)
「乳がん」かも、といわれたら−乳がんの最適治療2011〜2012 (日経BPムック) (JUGEMレビュー »)
日経ヘルスプルミエ編集部
これは40代以上の女性は、全員読むべきだと思う本(ムック)です。乳がんの可能性は誰にでもあり、知識は全くないのが現状でしょう。私もそうでしたが、これ読んで勉強しなくちゃな。

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

最愛
最愛 (JUGEMレビュー »)
しらいしりょうこ

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM