事故っていうほどのものじゃあないんだけど。

2010.10.11 Monday 20:38
0


    駐車場に停めて、帰ってからでは間に合わなかったので透析をしていたら、
    いきなり駐車しようとしてバックして来た車が、私の車の目の前へ・・・

    グシャッ、


    ・・・あーあ、やっちゃったよ!!



    慌てて飛び出して来た運転手、
    その後にわらわらと出て来た同乗者たち。


    相手はオネーチャンでした。


    ウチは駐車中で、シートベルトもしていない状況で、
    まーくんに至っては、荷台にのっかって大泣きしている時だったのですが、(電車に引き続き乗りたかった)飛び出して来たお母さん?と思われるおばちゃんがそれをみてビックリしてまーくんのところへすっ飛んで来た!!
    「ボク、大丈夫??」
    いえいえ、まーくんはそれで泣いている訳じゃありませんから大丈夫です〜


    衝撃はあったけど、以前の事故とは比べ物にならない程度だったし、
    とりあえず物損で、と思った程度だったのですが、
    相手は普通にバックしてきちゃって、エアウェイブのバンパーにどかっ、とぶつかってきた、という訳で。

    いやいや、見ていたけども、
    またトラウマスイッチが入りそうですよ!!
    まさかぶつかってくるとは思わなかったけれど、
    クラクション鳴らす暇もないほど、ぎゅいーんとバックしてきたし。


    透析していたから頭の上のライトはつけていたし、
    車のライトはつけていなかったけど、真っ暗な訳ではなかったし、
    相手の車はキューブだったけど、ぜんぜん見てないんだなーって思ったよ。


    怖い怖い。


    とりあえずまた修理で代車生活になりそうだよ・・・。
    修理するのに、1週間くらいかかっちゃいそうだし、
    どんな代車が来るのだろうか(汗)


    とりあえず体は無事らしいので、何よりですが、
    ちょこっとでも塗装がはげちゃったのが、悲しいです・・・。

    - - -
    後から旦那さんに聞いたら、
    出口を探していて、こっちになかったから、バックで戻ろうとしたらしく、
    それでぎゅいーんとバックした、ということだったらしいです・・・。
    どっちにしても、見てないのね(^^;;;
    category:交通事故に遭って | by:comments(0)trackbacks(0) | -

    親の責任。

    2007.07.01 Sunday 23:21
    0
      どうしてこんなニュースばかりが続くんだろう。
      なんどもなんどもなんども訴えてはみたけれど、飲酒運転とチャイルドシートをしない親は減らないのね。

      この場合、チャイルドシートさえしていれば、ドアが開いたって子どもが死ぬことはなかったろうに。
      しかも隣にいた母親は、手に生後6ヶ月の赤ちゃんを抱いていた。
      言語道断。


      まーくんも最近自分で窓をあけたりしめたりが出来るようになって、
      必ずチャイルドロックをしている。
      チャイルドシートに乗せずにいくことは、まずない。
      タクシーに乗る時は、どうしてチャイルドシートがついた車をよこさないのだ!!と思いながら、ドキドキして乗っている。
      今日なんか、玄関をたちながら自力であけたもんね。
      その根性にもびっくりだが、そんなことが出来るってことにも驚き。
      そんな時、親の目が届かなくて事故にあっても、まーくんの責任じゃない。
      あくまで見ていなかった親の責任なのである。


      短すぎる人生に合掌。



      - - -
      ワゴン車から女児転落、死亡=チャイルドシートせず−大阪
      7月1日22時30分配信 時事通信

       1日午後1時40分すぎ、大阪市浪速区元町の交差点で、大阪府東大阪市の自営業男性(45)が運転するワゴン車が右折した際、右側後部のドアが開いて二女(3)が路上に転落、ワゴン車にひかれた。近くの病院に運ばれたが頭を強く打っており死亡。府警浪速署は二女がチャイルドシートに座らされていなかったとみている。
       調べによると、二女は後部座席と前の運転席の間で立ったまま遊んでいた。ワゴン車が右折した際、開いたドアから投げ出されたとみられる。二女は普段から車内のドアをロックしたり、外したりして遊ぶ癖があったという。 
      category:交通事故に遭って | by:comments(2)trackbacks(0) | -

      親の責任。

      2007.07.01 Sunday 23:21
      0
        どうしてこんなニュースばかりが続くんだろう。
        なんどもなんどもなんども訴えてはみたけれど、飲酒運転とチャイルドシートをしない親は減らないのね。

        この場合、チャイルドシートさえしていれば、ドアが開いたって子どもが死ぬことはなかったろうに。
        しかも隣にいた母親は、手に生後6ヶ月の赤ちゃんを抱いていた。
        言語道断。


        まーくんも最近自分で窓をあけたりしめたりが出来るようになって、
        必ずチャイルドロックをしている。
        チャイルドシートに乗せずにいくことは、まずない。
        タクシーに乗る時は、どうしてチャイルドシートがついた車をよこさないのだ!!と思いながら、ドキドキして乗っている。
        今日なんか、玄関をたちながら自力であけたもんね。
        その根性にもびっくりだが、そんなことが出来るってことにも驚き。
        そんな時、親の目が届かなくて事故にあっても、まーくんの責任じゃない。
        あくまで見ていなかった親の責任なのである。


        短すぎる人生に合掌。



        - - -
        ワゴン車から女児転落、死亡=チャイルドシートせず−大阪
        7月1日22時30分配信 時事通信

         1日午後1時40分すぎ、大阪市浪速区元町の交差点で、大阪府東大阪市の自営業男性(45)が運転するワゴン車が右折した際、右側後部のドアが開いて二女(3)が路上に転落、ワゴン車にひかれた。近くの病院に運ばれたが頭を強く打っており死亡。府警浪速署は二女がチャイルドシートに座らされていなかったとみている。
         調べによると、二女は後部座席と前の運転席の間で立ったまま遊んでいた。ワゴン車が右折した際、開いたドアから投げ出されたとみられる。二女は普段から車内のドアをロックしたり、外したりして遊ぶ癖があったという。 
        category:交通事故に遭って | by:comments(2)trackbacks(0) | -

        事故後一年半。

        2007.02.01 Thursday 21:39
        0
          先日、最後の手続きに行ってきました。
          長かった交通事故の話がやっと示談になりました!!
          1年半もかかっちゃったよ!!
          でも、弁護士にお願いしてよかった。
          色々とお世話になりました。
          (Sさんご紹介ありがとうございました。本当に助かりました!!)

          で、用件が終わって帰ろうとした時に、手術の事を聞かれたのですが、
          「旦那さんやご家族の皆さんのご理解があってよかったですね!」って言われたのね。
          「奥さん(母親)に何かあったときが、一番大変ですからね」と。

          そうかもしれないなぁー。
          現実は、うちみたいに理解してくれない旦那さんがいるかもしれない。
          理解してくれない家族がいるかもしれない。

          佐賀からわざわざやってきて、孫の面倒を見てくれるなんて、もっと感謝しなくちゃいけないな〜って反省した。

          旦那さんにも感謝しなくては。
          ちっちゃいのにずっとハハがいなくても我慢してくれたまーくんにも、感謝しなくては。

          弁護士さんの所を出る時に、「また何かあったらよろしくお願いします」と言われて「もちろんお願いします。何かあればまた〜」といって帰って来たんだけど、そうそうお願いする案件は、ないといいんだけど(爆)

          これでやっと加害者のおばさんは、罪を償うことになるんだろうか。
          去年の今頃かなぁ?「加害者に対する気持ちはいかがですか?」とか「加害者の罪を軽くするお気持ちはありますか」とか、警察からだっけ?(どこだか忘れたけど、警察官系から)聞かれた事があった。

          んな訳ないじゃん!!!

          だって赤信号突っ込んで来たのはあっちだもん。
          しかも事故直後に「アンタの方が突っ込んで来たんでしょう??」って怒鳴って来たんだよ。
          (その直後に目撃者数名から指摘されて、「大丈夫ですか?」とやってきたんだけど)

          あの光景はこの先ずっと忘れないんだろうな。
          幸い車にも乗れるようになったし(乗らない訳にはいかんのだが)今は肩こりがひどいくらいで、動けるようにはなったけど。
          category:交通事故に遭って | by:comments(0)trackbacks(0) | -

          事故後一年半。

          2007.02.01 Thursday 21:39
          0
            先日、最後の手続きに行ってきました。
            長かった交通事故の話がやっと示談になりました!!
            1年半もかかっちゃったよ!!
            でも、弁護士にお願いしてよかった。
            色々とお世話になりました。
            (Sさんご紹介ありがとうございました。本当に助かりました!!)

            で、用件が終わって帰ろうとした時に、手術の事を聞かれたのですが、
            「旦那さんやご家族の皆さんのご理解があってよかったですね!」って言われたのね。
            「奥さん(母親)に何かあったときが、一番大変ですからね」と。

            そうかもしれないなぁー。
            現実は、うちみたいに理解してくれない旦那さんがいるかもしれない。
            理解してくれない家族がいるかもしれない。

            佐賀からわざわざやってきて、孫の面倒を見てくれるなんて、もっと感謝しなくちゃいけないな〜って反省した。

            旦那さんにも感謝しなくては。
            ちっちゃいのにずっとハハがいなくても我慢してくれたまーくんにも、感謝しなくては。

            弁護士さんの所を出る時に、「また何かあったらよろしくお願いします」と言われて「もちろんお願いします。何かあればまた〜」といって帰って来たんだけど、そうそうお願いする案件は、ないといいんだけど(爆)

            これでやっと加害者のおばさんは、罪を償うことになるんだろうか。
            去年の今頃かなぁ?「加害者に対する気持ちはいかがですか?」とか「加害者の罪を軽くするお気持ちはありますか」とか、警察からだっけ?(どこだか忘れたけど、警察官系から)聞かれた事があった。

            んな訳ないじゃん!!!

            だって赤信号突っ込んで来たのはあっちだもん。
            しかも事故直後に「アンタの方が突っ込んで来たんでしょう??」って怒鳴って来たんだよ。
            (その直後に目撃者数名から指摘されて、「大丈夫ですか?」とやってきたんだけど)

            あの光景はこの先ずっと忘れないんだろうな。
            幸い車にも乗れるようになったし(乗らない訳にはいかんのだが)今は肩こりがひどいくらいで、動けるようにはなったけど。
            category:交通事故に遭って | by:comments(0)trackbacks(0) | -

            実はまだ、示談になってなかったりして(^^;;;

            2006.12.05 Tuesday 19:11
            0
              今日は午前中、お客様が見えたほかは、家でゴロゴロ。
              っていうか午後は寝てました(沈)
              なんだか調子が思わしくない。
              っていうか昨日心理にいって、疲れたのかな。

              午後、すっかり忘れていた弁護士さんに退院した旨を伝えるべく連絡。
              すると3時くらいに折り返しかかってきました。

              示談交渉がうまく行っていないというか、なんとも足下も見られているというか、要は「金額が低いんだよねぇ」だそうで。

              私は素人なので、金額の高低はわかりませんが、弁護士さんから見ても、専業主婦の私の損害賠償金額としてとっても、「低い」ということで、来週相談しにいくことになりました。

              果たしてどうなりますやら。
              category:交通事故に遭って | by:comments(0)trackbacks(0) | -

              実はまだ、示談になってなかったりして(^^;;;

              2006.12.05 Tuesday 19:11
              0
                今日は午前中、お客様が見えたほかは、家でゴロゴロ。
                っていうか午後は寝てました(沈)
                なんだか調子が思わしくない。
                っていうか昨日心理にいって、疲れたのかな。

                午後、すっかり忘れていた弁護士さんに退院した旨を伝えるべく連絡。
                すると3時くらいに折り返しかかってきました。

                示談交渉がうまく行っていないというか、なんとも足下も見られているというか、要は「金額が低いんだよねぇ」だそうで。

                私は素人なので、金額の高低はわかりませんが、弁護士さんから見ても、専業主婦の私の損害賠償金額としてとっても、「低い」ということで、来週相談しにいくことになりました。

                果たしてどうなりますやら。
                category:交通事故に遭って | by:comments(0)trackbacks(0) | -

                後遺障害が認められました。

                2006.09.26 Tuesday 16:33
                0
                  昨年の事故から早1年1ヶ月。
                  今年の4月から、弁護士にお願いして、やっと自賠責の方が終わりました!
                  なんと、予想外だった後遺障害に認定されてしまいました(涙)

                  なんだか複雑、です。

                  腎臓だけではあきたらず??頸椎の方まで認められました。

                  この後示談交渉に入って頂くべく、今日手続きと契約を交わしてきました。

                  はー。

                  なんだかよくわかんないけど、とにかく弁護士さんにお任せしたので、後は裁判にならないといいなと思っています。

                  年内いっぱいかかっちゃうのかなー。

                  category:交通事故に遭って | by:comments(0)trackbacks(0) | -

                  例によって(^^;;;

                  2006.04.26 Wednesday 00:50
                  0
                    昼間ほとんどいないかまぴーです(笑)

                    今日は昼にインターバルで一旦昼食に戻り、その後も数件はしご。
                    交通事故の件で、書類をそろえなくてはならなくなったので。
                    2件の病院にてレントゲンをかりて、交通事故証明を取り、バタバタしつつもしっかりお昼寝1時間とり・・・すいませんそんなこんなでメールのレスが出来ません(^^;;;ごめんなさい〜


                    足が痛くなって1週間。
                    実は昨日、ごんべのかかりつけ医に診てもらってきた。
                    初めての整形外科。
                    先生はしゃきしゃきしていて、はっきりきっぱりしていてよかった。
                    レントゲンの結果、大腿骨頭壊死にはまだ早いといわれ、「これならまだ大丈夫!」といわれて帰宅。
                    でも、電気を当てにいつ来てもいいよ〜と言われる。
                    行く時間、ないな・・・。
                    足の痛みは安静と重いものを持たないこと、急な動作はしないこと(バスのステップから飛び降りる等)カルシウムをとること、などなどの諸注意を受けた。
                    安静はいつもしているので、これからも時間をみて倒れることにする。
                    重いものはまーくんの事を説明したら、「じゃあ仕方ないですね。急に持ち上げないように」
                    急な動作はなるべくさけ、カルシウムは高タンパクな食品はとれないので、微妙なところ、
                    チーズではなくヨーグルトで取るとするか!

                    今も痛みは続く。
                    こんなに続くのははじめてだ。ちょっとドキドキする。

                    それなのに月末から月初にかけてかなりの猛スピードでスケジュールをこなさなくては(^^;;;
                    とにかく佐賀にいけますように。
                    それまでにまーくんがおしゃべりしてくれると最高なんだけど(笑)

                    がんばりま〜す。
                    category:交通事故に遭って | by:comments(0)trackbacks(0) | -

                    保険会社から連絡がありました

                    2006.04.17 Monday 17:30
                    0
                      とりあえず自分とこの保険屋の搭乗者傷害保険の方を片づけよう!ということになり、書類一式をそろえて郵送し、振込をまっていたのだが。

                      今日連絡があって、出てみると、
                      「8月9月は100パーセント、10月11月は90パーセント、12月は80パーセント、1月は70パーセント、2月は60パーセントの割合のお支払いになります」って言われた。

                      え〜??そうなの?

                      まぁよくよく見てみると、確かに「平常の生活または業務に従事することができる程度に治った日までの治療日数」でかつ180日を限度に、ということらしい。

                      ネットでみてみると、まぁ日数×金額ではなく、減額されると書いてある。

                      まぁそれでもとりあえず頂けるものは頂きます、ってことで、振込を待つことにした。

                      うだうだ言っていても仕方ないので、整形外科に電話して、後遺障害の診断をしてもらう時は、何が必要か聞いてみた。
                      すると、保険屋から診断書類をもらって皆さん先生に書いてもらっています、とのこと。
                      え〜〜タヌキ親父はそんなこと、言ってなかったような。
                      仕方ないので電話してみると、タヌキは留守で、電話の窓口にはお姉さんが出た。
                      とりあえず伝えてくれとお願いする。

                      もう連絡しなくていいぞ〜。>タヌキ親父

                      ってことで、後遺障害の認定をうけるべく、一歩進んだのでした。
                      (半歩くらいかも??)
                      category:交通事故に遭って | by:comments(0)trackbacks(0) | -

                      Calender
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recent trackback
                      Recommend
                      Recommend
                      「乳がん」かも、といわれたら−乳がんの最適治療2011〜2012 (日経BPムック)
                      「乳がん」かも、といわれたら−乳がんの最適治療2011〜2012 (日経BPムック) (JUGEMレビュー »)
                      日経ヘルスプルミエ編集部
                      これは40代以上の女性は、全員読むべきだと思う本(ムック)です。乳がんの可能性は誰にでもあり、知識は全くないのが現状でしょう。私もそうでしたが、これ読んで勉強しなくちゃな。
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      最愛
                      最愛 (JUGEMレビュー »)
                      しらいしりょうこ
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM